大学院生のぼうびろく

自分の思考の記録とアウトプットがコンセプトです.留学/研究/プログラミング/統計/機械学習

留学先で学べる英語とオンライン英会話で学べる英語の違い

日本で英語勉強できるでしょ.今の環境なら.

という留学アンチの人達の意見を何度か聞いていたのでそれに対する最近の考えでも.

例に習って読むの面倒くさい人のために結論を先に書くと「留学で学べるレベルの英語力は日本では(多分)絶対に身につかない.ただ,そのレベルが本当に必要なのかは僕は分らないよー」という意見です.

※共同研究だから研究のこと書けないし英語とプログラミングだらけになるジレンマ(共同研究でなくてもダメだけど笑)

前提

・自分は語学留学ではない.

・アジア圏,オーストラリア,アメリカなど複数の国を体験している.

・英語はツールだと思っている勢.

・オンラインで個人的に英語で話したことはある.

 (実際にお金を払ったやつはまだやったことがない)

 

最近思うこと

最近思うことがある.英語が聞き取れない気がする.他の国にいたときは全く問題がなかったのにたまに違和感を感じる.(アレ,何を言ってるんだこの人達は?と.)

 

①今まで行っていた国が多民族国家だったから.

今までアメリカ,オランダ,東南アジアなど様々な国を転々としてきた.それらの国との大きな違いはイギリスは(移民はいっぱいいるけど)イギリス人が多い気がする.良い意味でも悪い意味でも「こいつにはゆっくり話さないと」のような配慮は一切なく対等に扱ってもらえている.

 

②日本人が1人だから.

今まで様々な国を転々としてきたとは言っているものの,日本人が他にも何人かいたようにおもう.今の環境では日本人は(探せばいるのだろうけど)ほとんどいない.加えると,日本のことが好きな人達と接してきたのかなーともおもう.今は特に日本と海外との交流事業としてきているわけではないので,「日本人であること」以外で会話しないといけない.

 

③単純に大人数での話をしたことがなかったから.

自分が今苦労しているのが大人数での会話.一人ひとりと話すのでは特に苦労したことはない.これは日本語の問題でもあるかもしれないけど,複数人×英語という環境に今まで慣れていなかっただけなのかもしれない.

 

NetflixとかHuluで映画は見ているけど,そのようなレベルでないくらい話が早かったり,会話の語彙が分らなかったりすることがある.日本で英語を学ぶということは,

Skype英会話で勉強したり,留学生と雑談したりということだとおもう.

 

たしかに,そのような方法でも英語は勉強できるとおもうが,一つ大きな視点が抜けているとおもう.以前ツイートでも話したので転載.

日本人とビジネスをしているスカイプ英会話のフィリピン人は「日本人はどういう語彙は聞き取れないのか」「こいつは変な文法はなしているけど多分こういうこと言いたいんだろう」と日本人のパターンを熟知しているのだとおもう.また留学生は(研究留学では純粋にその分野の日本人の先生の研究が好きといのはあるにせよ)少なくとも少しは日本人のことに興味関心があって来ている.対して,留学では(日本人の人数や国によりけり,語学留学ではないとなおさら)「日本人であること」を使わずに他の人と同じフィールドで話さないといけない.今回の留学では特に英語を向上させたいという目的はなかったけど,思った以上に勉強になっている.ただ,日本人好きの外国人と英語で問題なく自分の意見が言えるというのは「ノンネイティブとしては結構完璧なレベル」であるとおもうので,今僕が苦労している「大人数の飲み会で全員の話を理解できて気の利いた話を自分も展開できる」ことが果たして必要なのかは分らない笑

 

以上!