大学院生のぼうびろく

自分の思考の記録とアウトプットがコンセプトです.留学/研究/プログラミング/統計/機械学習

留学10日目~水平移動ビジネスについて~

水平移動ビジネス(さっき名前を考えた)について考えてみる.(1日飛んでしまった).水平移動ビジネスとは,

同じ内容を違う国に持っていくだけでビジネスになるということである.

(※専門用語があるはずだけど調べていない.)

 例えば,日本ではコンビニ以上の数があるといわれている美容師を海外でやるとかなりいいのではないか?という記事を以前読んだ.どれだけ海外生活が長くても「髪を切る」という繊細な作業は日本人にやってもらいたいからだ.今回アムステルダムにきてみて,Red light districtで古典的なアニメ風日本人の恰好をしたらウケルのでは?とも思った.料理に関しても日本では中堅レベルの日本食レストランがこっちではトップレベル扱い.

 

なんで皆やらないんだろう,ということを思ったのだけれども

①思いつかないか

②(海外でやること)と(日本でやること)の差にメリットを感じない

③行く踏ん切りがつかない

④現地の言葉が話せない

 

どれかなのだろう.たぶん自分みたいにおもいつく人はいくらでもいて,それを行動に起こすことが難しいのだろうな.と.

「同じことを考えているやつは3人いる」という話は,

3人いるからお前がやってももう遅い,あきらめろという趣旨のセリフではなく,

「3人いるけど実行にうつせるかで勝負が決まる.あと少し」

っていう背中を押してくれるの言葉な気もしてこないでもない.

2016/9/26