大学院生のぼうびろく

自分の思考の記録とアウトプットがコンセプトです.留学/研究/プログラミング/統計/機械学習

留学7日目~1週間の振り返りと課題設定~

留学生活が1週間終わりました.(9/20時点で)

留学は4ヵ月と短いので,もうすでに1/16が終わってしまっているという計算.

1週間の振り返りと今後の課題設定を...

 

やったこと

インターンシップ先との連絡

 →電話での対話.先方のマネージャーが女性だとは知らなかった.

  (一応,相手の発音にもよるけど英語での電話も十分可能であることが分る.)

*留学先との連絡

 →飛行機の手配をしないといけない.まだしていない.

*読書

 【何者】

  これこそレビューを書くべきなんだけど,書く時間がない.

SNSで自己発信する就活がイケテイナイ4人の話を観察者視点で傍観する内容かと思ったら,急激に視点が変わり,視点は傍観者である読者に対する攻撃へと変わる.自分自身,【就職活動】にしても,【学問】にしてもどこか第3者目線があるようにおもえる.自分事ではなく他人事のような...そういった視点を見透かされているような本.【たいしたことしていないくせに自分を発信して,学生のくせに名刺を配って頑張ってアピールしちゃう】.そういうダサいことをしているのは分っているけどそうしないと自分は変われない.お前は観察しているけど何もしていないだろ.

一読の価値はありです.映画にもなるしね.

www.amazon.co.jp

 

【日本がヤバイではなく,世界がオモシロイから僕らは動く.】

これは,前回内容を書いた.【海外で働く】という手段に対して【駐在する】という発想しかなかったことを思い知らされる.

 

Airbnbを使う

これは今回の留学ではじめてつかってみたけど本当に良い.一泊2300円とかまで抑えられる.あとは相手のステータスを見ながら,信用できるか否かを判断する軸さえしっかりしていたら危ない目には会わないんではないだろうか.

 ※ホスト関係ではないけど,ピザを焦がしてしまい家が火事になりかけた.

  (全ての表記がドイツ語なのに適当にやった自分が悪い.)

 

アムステルダムユトレヒトロッテルダム観光  

  アムステルダム国立美術館

 ユトレヒト:ドム塔,ドム協会

 ロッテルダム:マーケットホール,キュービックハウス

は必見.

 

~課題設定~

いよいよ,インターンシップがはじまる.

基本的にはこの自由な時間+インターンシップ期間にも研究に付随することはしておこうと考えていたけれども,普通にしていたらうまく行かない.(ほとんどやっていない.)

もう一度今回の留学のゴールを再設定したい.

 

*大目標

 以前の留学の5倍以上の成果,変わって帰って来る.

これは半分冗談で掲げている目標ではあるけれども半分は本気.

大学1年生,2年生のときに全く目的意識もなく死んだように大学へ通っていた時期があったが,3週間の留学を経て帰って来ると周りから【変わったね】とかなりの頻度で言われるようになった.今回の留学は前回の5倍の期間がある.いかにも意識の高そうなテーマで何も考えていなさそうな設定だけど,本気で前回の5倍以上の成果を出す.

 

インターンシップ先で,もう一度呼ばれるようなパフォーマンスを発揮する.

インターンシップの期間は,3週間程度しかない.この3週間で自分の納得のいくパフォーマンスを発揮するのはもちろんのこと,自分からも日本の業界がどうなっているのかを提供したい.更には,本当に就職先として検討してもらえるようになるのが目的としてある.正直,今回のインターンシップ探しはそれほど難しくなかった,と思っていた.しかしながら,オランダ入りしてから時間があったので他の場所にもメールをしてみたら断られてばかり.今回は本当に恵まれていたこともあり,期待を裏切らないようにはしたい.

 

*留学先で,もう一度呼ばれるようなパフォーマンスを発揮する.

今回の留学先のテーマで1本論文,1回国際会議へでることができるだけのレベルまで押し上げたいと思っている.正直,自分の研究は現在上手く言っているとは言い難い.今回この成果と自分のもつ成果両方で結果をだすことによってスムーズに来年度以降に繋げていきたい.

 

正直,今回の留学で何も変われなかったら”ヤバイ”という危機感がある.

そういう意味では,長い大学生活の中でも4ヵ月と短い期間ながら,間に刺激になるような期間を入れられたことは本当に良かったとおもう.留学から帰ってきたら修士論文発表がある.こんな舐めた計画で飛び立ってしまったからハードルが異様に高くなるのは当たり前である.それでもそれの上を行くような成果を残して帰国したいと思う.

今はどれだけ笑われてもよいから行動する.パチンコはまってる人みたいなセリフだけど,目先のプライドじゃなくて「トータルで勝てる」ようにしたい.