大学院生のぼうびろく

自分の思考の記録とアウトプットがコンセプトです.留学/研究/プログラミング/統計/機械学習

留学5日目~自由の国オランダ~

 

留学5日目はオランダについて少し調べたのでレポート.

 

(忘備録)

昼はBeer Templeという店でご飯

アムステルダム国立博物館へ行く(下の写真参照)

夜はISSAという日本食屋(日本人とタイ人の人と出会う)

f:id:PONDEL:20160920160324j:plain

 

オランダって大麻マリファナ),売春,安楽死が合法になっているんですね.

中でも大麻に関して色々調べてみました.

 

Coffeshopは大麻を売っているお店のこと

オランダアムステルダムは、寛容政策(Gedoogbeleid)により、オランダアヘン法に従った一定の量の販売と所持が許可されているソフトドラッグの大麻を含む製品を、個人使用のために販売する小売店のことである。

 

オランダはではCoffeshopは”コーヒー屋さん”ではなく大麻を売っているところのよう.通常のコーヒーショップは”Coffe shop"と間にスペースが挟まれるため間違いに注意する必要がある.(※オランダ人は通常のコーヒー屋さんはコフィ―ハウスというし,そもそもカフェやスターバックスなど違う名称で呼ばれるためふつうは間違えない.)合法ということは前から知っていたが,本当に公園で人が吸っている光景を目にするし,コーヒーショップは本当に歩いていたらいくらでも見つかる.

寛容政策「どうせダメっていってもやるんでしょう,それだったら政府が監視しているもとで合法にしたほうが良いよね」

という,なんとも先を行っている考え方.

 

②オランダ以外の国も合法化へ

オランダには観光客(大麻を吸うための)がいるそうなのでオンリーワンなのかな?とおもい調べてみたらそうでもないみたい.アメリカでも一部の州が解禁されている.

大麻がアルコールや煙草に比べて無害であることが報告されていることや,

医療用としても近年注目されているからのよう.(医療用大麻のみ解禁という地域も)

matome.naver.jp

 

大麻ベンチャー企業

大麻をアプリケーションで販売できるようにする企業

m-uroko.com

 

マイクロソフトも参入

gigazine.net

聞いた話によると植物学を専攻している優秀な学生は大麻ベンチャーを創るだとか…

THC(テトラヒドロカンナビノール:煙草でいうニコチン含量のような指標)を高めるように,大麻を交配させているだとか…

 

正直,日本に住んでいると大麻=犯罪という側面しか見れていませんでした.

(もちろん,日本に住んでいるとそれは正しい認識なのでしょうけど.)

日本のように,規制で守る国(近年でいうとポケモンGOやドローン,Uberのアプリ)と自由の国オランダが対比できて面白いですね.

 

まとまりがないけど今日はこれくらいで…

 

あと全く関係がないけれど,食事を一緒にしたタイ人の学生に

「日本は働く環境としてはあり得ない.(自分が日本で働く姿を想像できない)」

という旨の話をされました.どうも,彼はエリートで東京大学の試験を受かっていたかれども,同時に受かったオランダの大学へ行ったらしい.同様のことを以前ベトナム人の友達にも言われました.どうやらこれらはCommon Sense(共通認識)のようで,

昔の日本=Samurai,Ninjya だったのが

今の日本=Workaholic

のような認識になってしまっているということなのかな.

ただ何回か言われてきたことなのであまり悲しいという感情には至らず,その場では爆笑してしまいました.海外は海外でデメリットはあるんだろうけれども,もう少し多角的に(海外含めて)仕事探しをしようとおもう.