大学院生のぼうびろく

自分の思考の記録とアウトプットがコンセプトです.留学/研究/プログラミング/統計/機械学習

留学2日目~ハイネケン・エクスペリエンス~

2日目はハイネケン・エクスペリエンスというところに行ってきました.

皆さんご存知のハイネケン,自分自身は依然KLM航空でイギリスへ行ったときに

ビールがなぜかハイネケン縛りだったのでそれ以降結構気に入っています.

(行きと返りで6杯は飲んだ.)

 

下の写真が正面の玄関.20分ほど並んだけれど特にフラストレーションはなし.

(ちなみに一人で行きました.)

f:id:PONDEL:20160917034939j:plain

 

チケットを売っているところ.18€の最安のプランで行く.

(後で分ったことだがビール3杯飲めるので普通にリーズナブルだと思う.)

他にもツアーガイド着きやら船に乗るプラン?!など,少しずつ課金要素があり.

 

f:id:PONDEL:20160917034944j:plain

 

チケットを購入.ちなみに館内は全部Wi-Fi完備です.

やっぱり,日本以外の先進国はどこでもWi-Fiが繋がる.オリンピックの前には日本もなんとかなりそうだけど果たしてどうなんでしょうね.

f:id:PONDEL:20160917034948j:plain

 

ハイネケンの今までの歴史が色々と語られている.基本的には英語は日常会話程度できれば,理解はできるのではないかな.と思う.自分が理解できていなかったポイントは英語というよりも,ビールに対する素地がなかっただけ.

 

ハイネケンは下の写真のように,様々なロゴで売り出されていたけれども,最終的にはマーケティングの観点からすべてのロゴを統一して赤の星と緑の背景をトレードマークにしたそう.今まで特に意識したことはなかったけれども,マーケティング重視という点では,レッドブルに似ているのかな?と考えた.(実際に写真はないが,PS4でハイネケンがスポンサーをしているサッカーチームで戦えるコーナーとかがあり,メディアとの関わり,広告に力を入れている印象が強かった.)

f:id:PONDEL:20160917034953j:plain

 

ここでデモンストレーションコーナー.水,オオムギ,ホップ,イーストそれぞれの特徴を教えてもらえます.(ハイネケンの95%が水であることしか覚えていないが…)

それにしても欧米人(のようにみえる)だらけの中で一人だけアジア人だったわけですが,ナレーションの人が”Where you come from?"と聞いて回るアイスブレイクのときに

思いのほか,皆さんバラバラの国から来ていて,「見た目じゃ全然わからないな…」と

f:id:PONDEL:20160917034957j:plain

 

他にも,自分の名前をラベルに印刷してくれるコーナー.(4ヵ月超ある留学の2日目にしてビンを持ち歩く気にはならなかったのでここはスルー.6€くらい

f:id:PONDEL:20160917034854j:plain

 

ついにビールの試飲コーナーが!本当におしゃれでクラブのようでした.この写真はかなり気に入っている.

Proost!(オランダ流の乾杯)をここで教わる.

※Roastの頭にPをつけるように言えば良いよ!と言われました.

 

f:id:PONDEL:20160917034907j:plain

 

こちらは,イルミネーション.すべてハイネケンのビールボトルから成っています.

f:id:PONDEL:20160917034900j:plain

 

歴代ハイネケンの歴史

f:id:PONDEL:20160917034843j:plain

 

最初の1杯は簡単な講習を受けて飲むのに対して後の2杯はバーのような場所で自由に飲むイメージ.

(※正確には最初にもらうブレスレットに2つトークンがついていて,1枚でハイネケンと交換,2枚渡すとハイネケン・エクストラコールドと交換可)

今気づいたけれども,3杯以上飲みたかったらお金を払えば行けたかもしれない.

f:id:PONDEL:20160917034835j:plain

これで全工程修了.

博物館のようなものをイメージしていたのですが,意外と中身も楽しめる.

ただ問題点として,友達とかと行ったほうがより楽しめると思います.

(圧倒的コミュニケーション能力があれば別ですが,僕は中国系のおばあちゃんとか欧米のおばあちゃんとかとりあえずおばあちゃんと飲んでいました.

ちなみに,今後オランダ人と会うときに何か話のネタになりそうだったので以下のようなTシャツを購入.25€.高い…けど買わないと後悔してしまいそうなんですよね.こういうの.

f:id:PONDEL:20160917034828j:plain

 

さっそくドミトリーに戻って同じ部屋にいたやつらに自慢しようと思うも,しんどすぎて寝てしまう.次の日からはドミトリーを抜けないといけないので宿を探す.

 

ちなみにドミトリーですが,安いし交流もできるけれどもやっぱり完全プライベートな部屋はあったほうがいい気がする.(バックパッカーとかならいいんですけどね)というわけでAirbnbで新しい宿を探す.

 

ちなみに,次の記事で書こうと思うんですけど忘れていたら嫌なので一応…

Airbnbのホストファザーに大阪の人口を聞かれて答えられないという

留学における自国のことを知らない日本人のテンプレ中のテンプレの失敗をしてしまいました.なので以下に忘備録.アムステルダムの人口が堺市と同じくらいなんだけど

これは大丈夫なのか?調べ間違えていないかなんども確認...次は即答できるように…

 

東京 約1300万

神奈川 約900万

大阪 約880万

京都 約260万

堺 約84万

オランダ 約1680万

アムステルダム 約78万

イギリス 約6400万

ロンドン 約870万

ブリストル 約42万