大学院生のぼうびろく

自分の思考の記録とアウトプットがコンセプトです.留学/研究/プログラミング/統計/機械学習

留学1日目~いきなりボッタクリに会う~

留学初日の出来事の忘備録.

これ以上ないんじゃないかと思うくらい最悪な出だし.

最初にとりあえず円→€の換金作業.

下の図は関西空港のレート.1€→117.22円 (10000円→85.3€)

f:id:PONDEL:20160916185350j:plain

これはとりあえずスルー.

次に,スキポール空港でも確認.日本円10000円→75.918€77

この時点でかなり,失敗したことを確信.やっぱり,原則として現地のお金の換金は現地で行ったほうが得な気がしますね….ここもスルー.もう現金はいらないんじゃないか?カード大国のオランダだし…と思いながらもATMを見つけたのでついに換金する.

25538円→200€になった.(キャッシング)(※100000円→78.31€)

手数料の計算はしていないけど,まぁ悪くはないかもしれない.

(ちょっとよくわかっていないのでもう少し調べる必要がある.)

円とユーロの比較って結構気を付けないといけなくて,1€ってかいてあるとどうしても100円くらいかな,と計算してしまうけどよく考えると120~130円くらいになっている.

 

そんな感じで50€4枚を手にもって観光をしていると,やっぱり50€って煙たがられますね.「カード持っていないの?」とか「もっと細かいのないの?」とか言われます.

 

使いにくいな…と思いながらもカードで払っていく.

ちょうどトランクをもったまま,歩いていると黒人男性にぶつかりました.

そのまま,謝って歩いていこうとおもったらなにやら,めちゃくちゃに怒っている.

全部は聞き取れなったけど要約すると,

○おれの大切なものが壊れた.

○ナイフを俺は持っている.

○20€よこせ.

というものでした.びっくりし過ぎて最初はごねていましたが,

「自分の命が20€で助かるのだったら安いものか」と想い渡すことを決意.

財布を出すと,,黒人に50€が見られる.

いきなり,黒人は20€を50€に値上げしてくる.

もう仕方がないので50€を渡す.

一分後に警察と思われる人に出会ったので呼び止めて事情を話し探してもらうも見つからなかった.海外でこのような経験にあったことはなかったので本当に驚きが隠せない.(かなり海外経験は豊富な方だが,よく考えると単独行動はあまりしたことがないかもしれない.)

 

●自分が50€を渡すことで,今後この黒人が日本人(日本人とは認識されていないかもしれないからアジア系)の人はお金を取りやすいと認識して他の人に迷惑をかけるかもしれない.

●自分が被害に会うと,国の支援金で来ているのでスポンサーの名前に泥を塗るかもしれない.

●自分が渡した50€は厳密には,自分のお金ではない.

特に区別はしていないけど,

①両親からいくらかお祝いにもらった.

②国から博士課程進学予定者としてもらっているお金.

③留学支援金として国からいただいているお金.

のどれかなので本当に申し訳ないことをした.

●生き延びたから,これは日本に帰ってから色々な人に話そう.

色々な想いが錯綜しているけれども,生きていてよかったのと次は同じ目に合わない様にする.(まだ同じ目にもう一回会ったらどうしてよいのかは結論は出ていない.)

あと,宿泊先(ドミトリー)で一緒になったオーストラリア人に慰められてピザを奢ってもらった.

 

最後に一応,(というかメインはこっち)観光をしたので写真をいくつか挙げておく.

 

アムステルダム中央駅.

日本の東京駅はこれをモデルにしたとかしていないとか.

f:id:PONDEL:20160916185337j:plain

 

 

時計台.

ガイドブックには30分に一回鐘が鳴ると書いてあったが,実際に中のスタッフと話すと15分に一回鐘がなった.(ただし15分待つ必要があるほど感動的だったかは謎.)

f:id:PONDEL:20160916185331j:plain

 

別の角度から撮った写真.アルコール禁止のマークがある.

わざわざ禁止のマークが必要なのが自由の国オランダらしい.

f:id:PONDEL:20160916185308j:plain

 

あとは運河の町なので,(アムステルダムはアムステル川付近でダムを元にして発展したからついた名前だそう…)こんな感じになっている.綺麗な町!

f:id:PONDEL:20160916185326j:plain

中々波乱万丈だったけど,これ以上悪いことは起こらなさそうなので明日以降に期待.