大学院生のぼうびろく

自分の思考の記録とアウトプットがコンセプトです.留学/研究/プログラミング/統計/機械学習

理系のためのクラウド知的生産術~感想~

理系のためのクラウド知的生産術感想

ふとしたことで読んでみたくなったので購入.

gmail,evernote,mendeleyの使い方が研究者に寄り添った方法で書かれている.

細かい話は省略しますがその中でも

GTD法(Getting Things Done )は参考になるし自分自身使っていこうと思う.

具体的に言うと

①頭の中にある「あれをしなければ」「これを忘れてはいけない」という考え方は

すべて外部に書き出す

②書き出された「やるべきこと」は,すべて「今」「この場所」でできるかに基づいて整理.常に「次にやること=ネクスト・アクション」がめいかくになっているようにすること

③こうした①と②のステップを毎週見直すことで,常に頭の中が「やるべきこと」でいっぱいになっていない,クリアな状態であることを目指す

という方法です.

この手法と似た手法は他の本にも書かれていたが,今回腹落ちした理由としては

やっぱり,「研究者が書いた本である」という点が大きいとおもう.

ライフハック系の記事や本に目を通す度に

「研究」ということを他の仕事よりも高尚なもの,言い換えると

「タスク管理」とかではなく「深く熟考しながら考えること」と捉えていたけれど

やっぱりそんなことはないわけで…笑

自分の考えがモヤモヤしているということもあって本当に参考になった.