大学院生のぼうびろく

自分の思考の記録とアウトプットがコンセプトです.留学/研究/プログラミング/統計/機械学習

オーディブルについて

オーディブルを試してみることにした.

www.audible.co.jp

 

今聞いているのは.ホリエモンの本

「君はどこにでも行ける」

cakes.mu

 

そもそもなんでオーディブルを試そうとなったのかを経緯から説明.

まずはじめに最近は早寝早起きをコンセプトとしている.

ここでいう早寝早起きは

・5~6時に起きる

・10~2時に寝る

ことを指す.

また,その他なるべく行動形態を一緒にして

ルーチンワーク化することを目的としている.

 

最近の自分の傾向として

「やりたいことが多すぎる」ことが挙げられる.

その中で意思決定に使う時間が非常に多いことに気づいた.

そこでコンテンツ以外(取り組んでいること)ではなるべく単調な生活を送る

スタイルというものを習得しようと考えた.

 

その中で朝起きたときに何をするか,ここで今迷っている段階なのだが

「本を読む」ではなく「本の内容が流れてくる」

だとしたら途中で他の本に目移りすることもなく,上手いこといくのではないか

という仮定の元オーディブルに手を出してみた.(無料期間でもある.)

 

結論としては「非常によい(が,子守歌的な側面もありそう)」

・朝の支度をしながら聞ける

(歯を磨いたり,簡単な作業のみ)

・意思決定に時間がかからない(再生ボタンを押すだけ)

二度寝しにくい?(活字を読むときに比べて)

 

デメリットとしては

・耳からの情報だけなので簡単な本しか無理そう

 (論文で活字と耳から両方インプットするのは後日検証する予定)

・本の種類少ない(気がする)

・本当に無料期間終わってから1500円払うか?

・一冊5時間とか数字を見る瞬間はなぜか萎える

 (定量的なかかる時間が見えてしまうからだろうか)

 

という点が挙げられます.

今後のサイクルとして以下のサイクルを構築してみます.

 

6:00 起床

6:00~7:00 オーディブルしながら仕度

8:00 ラボ

 

寝る前にオーディブル 1時間程度

10:00~2:00 就寝

 

そういえば,オトバンクという別の会社(というかむしろパイオニア)があった気がする…またそれも調査しなければ